レンタル衣装

 » ウェディングドレスのレンタル

写真をクリックすると、大きな写真でご覧いただけます。

ウェディングドレス

ウェディングの起源はローマ帝国の時代にあるといわれています。
キリスト教が普及すると同時に結婚式は教会で行われるようになり、その際王族や貴族の花嫁が着た衣装がウェディングドレスの始まりです。
初めて白いベールとコスチュームで結婚式を挙げたのは、スコットランドの女王メアリー・スチュアートだといわれています。
1840年代にはイギリスのヴィクトリア女王が結婚式で白いドレスを着たことがきっかけで広まったとされています。
今では「純潔」「清楚」「純粋」のイメージで、結婚式にはかかせない白のウェディングドレスですが、始まりは女王の影響だったのです。
ここでウェディングドレスを着用する際の小物をご紹介します。
まず、スカート部分を膨らませるのにかかせないのがパニエ。
トレーンと呼ばれる部分は引き裾で、後方に長く引きずるドレスの裾部分のことです。
そしてグローブ。最近では食事や握手、指輪交換の時にいちいち外さずにすむ工夫がされている便利なものもあります。その他、顔を覆うベールやティアラ、ブーケ。
いろんな想いのこもった小物とドレスを身に着けて、二人の想い出に残る最高の結婚式が出来るといいですね。
では今、結婚式で一番に白のウェディングドレスを着る意味はどういった理由があるのでしょうか。
そのメッセージは白が『何にも染められていない色』であることから、「あなたの色に染まります」という素敵な意味があるのです。
結婚式ならではの素敵な理由ですね。

フォトブライダルWEB予約 スタジオ空き状況確認  プラン・お日にちがお決まりでない方 ご相談・ご質問

店舗情報

レンタルコスチューム&フォトスタジオ マリエレンタルコスチューム & フォトスタジオ マリエ 総合サイトへ