レンタル衣装

 » 和装のレンタル

写真をクリックすると、大きな写真でご覧いただけます。

白無垢・色打掛

日本の美意識の結集である「着物」を着て嫁ぎたいと考える花嫁は、年々増えてきています。
打掛から掛下、帯、小物まで白一色の無垢は、清らかな身と気持ちで式を迎え、神の前で永遠の愛を誓い、嫁ぎ先の婚家の色に染まる覚悟を秘めた厳粛な意味があるのです。
緞子や唐織などの生地や地紋縫い、柄いきなどでそれぞれの雰囲気が変わります。
和装での挙式の場合は、綿帽子か角隠しを付けるのが一般的です。
綿帽子は白一色の装いである白無垢の場合にだけ許された特別なものです。
純白に身を包む清楚な装いは、日本女性の憧れです。
比翼や比翼衿、掛下、ふきなどに赤をあしらった白無垢も愛らしいですね。
角隠しはかんざしも映え、横顔も美しく、凛としてたたずむ姿は、文欽高島田の美しさが一段とアップします。
白無垢以外の打掛は、色打掛と呼ばれます。
白無垢と同様、着物の中で最高の格があります。
金糸や銀糸、色とりどりの絹糸による「刺繍物」、生地に吉祥柄を織り出す「織物」、絵を描くように染を施す「友禅物」などがあり、いずれも芸術的な美しさがある職人技が冴える逸品です。
鶴や亀甲、松竹梅などのおめでたい柄や、四季の花々など構図や柄合わせ、色使いなど幸せへの願いを込めた、日本古来より伝わる多彩な表現を駆使し、格調高さと華やかさで豪華絢爛に美を演出します。
日本髪でしとやかに、洋髪でモダンに、それぞれの自分らしさで晴れの日をお迎え下さい。

和装婚礼の新郎の装いは

和装婚礼の新郎の装いは、黒五つ紋付き羽織袴(正礼装)と色紋付羽織袴(略礼装)の二つになりますが、正礼装となると黒五つ紋付き羽織袴になります。
新婦が正礼装である白無垢、色打掛、黒引き振袖、本振袖の場合は、新郎も正礼装の黒五つ紋付き羽織袴と新婦と格を揃えることが大切です。

黒五つ紋付き羽織袴は、新郎の和装の王道です。
新婦の白無垢の清純さ、純真さ、嫁いでいく家風に染まるという「覚悟」の意味があるように黒五つ紋付き羽織袴にも何者にも染まらないという「強い決意」の意味があり、新郎の凛々しさ、頼もしさがその色に表現されているそうです。

色紋付羽織袴は、新郎の和装では「略礼装」になり、披露宴のお色直しや披露宴パーティー、2次会などのカジュアルな場所で着用されることが多いようです。
結婚式の新郎の衣装はどうしても二番手になってしまいますが、白、緑、紺、藤色、グラデーションのかかった色使いのものなど色のバリエーションも豊富に取り揃えてありますので個性を発揮してオシャレに着こなしたい方におすすめです。

紋付羽織袴の着こなしポイント

必ず自分の身長に合わせて選びましょう。袴が長すぎるとだらしなく、短いと品の悪い印象に見えてしまうので気を付けましょう。
見た目が大きく左右されるのが姿勢、猫背は禁物。おなかに力を入れて、背筋をのばして、胸を張ると堂々として凛々しく見えます。

フォトブライダルWEB予約 スタジオ空き状況確認  プラン・お日にちがお決まりでない方 ご相談・ご質問

店舗情報

レンタルコスチューム&フォトスタジオ マリエレンタルコスチューム & フォトスタジオ マリエ 総合サイトへ